歌集

学生歌「松原に」

秋山喜文 作詞
山田尚慶 作曲

一、
嵐雲 地にこめて
矢の疾風 頬打つも
防塁に 火は燃えて
誇らかに 自由を守る

二、
唇も 朽ちはてて
黒き蛾は 群れ舞うも
梅におう 学舎に
翳なき 知性を磨く

三、
日は高く 松原に
湧き上がる宴うた
若者の瞳は澄みて
譲るなき 情熱を焚く

九州大学応援歌「見よ紺碧に」

甲斐尚夫 作詞
藤丸修 作曲

一、
見よ紺碧の海原に
鍛えし腕 陽に映えて
闘志は燃ゆる 今ここに
立て 九大の健男児

二、
見よ青松の朝嵐
守りし塁 敵ぞなき
血潮は踊る 今ここに
立て 九大の健男児

三、
聞け栄光の勝鬨を
千代松原に こだまして
苦節はここに 幾星霜
立て 九大の健男児

第二応援歌「玄海の浪」

井上瑞貴 作詞
     作曲   

一、
玄海の浪は 白く荒れて
烈風は抗たる 若人の胸に
堅く手を組みて 自由を求めん
我ら我らは 九州男児
見よ鎮まりぬ 紺碧の海

二、
筑紫の原は 緑に映えて
陽光は照らす 若人の夢を
堅く手を取りて 絆を保たん
我ら我らは 九州男児
見よ輝きぬ 深紅の夕陽

三、
箱崎の空は 蒼く澄みて
微風は揺する 若人の鬢を
高く手を掲げ 明日を築かん
我ら我らは 九州男児
見よ翻る 紫の校旗

旧制福岡高等学校応援歌「ああ玄海」

権 藤茂 作詞
不詳   作曲   

一、
ああ玄海の波の華
銀蛇の舞に似たるかな
今神風に旗高く
幕邪の剣手に執れば
金鼓奮いて蓋世の
遊子は迫る敵の陣

二、
輿望は重し丈夫の
颶風の翼身に借りて
征塵高く蹴たつるを
防ぎ止むる者あらば
天地貫く自治の気に
征衣の露と打ち払え

三、
戦わんかな時到る
ああ勝たんかな時来る
天の暦数指顧の中
見よ九天の雲晴れて
虹は色濃き筑紫潟
凱歌はこもる梅の花

応援小唄

 

三浦信也 作詞      作曲   

一、
怒れる潮に魅せられて
やってきました筑前に
九州男児の心意気
見せてやりたやお袋に

二、
空飛ぶ小鳥も良いけれど
いっそなりたや大鳳に
夢も羽ばたく南国の
紫雲たなびく大空に

三、
胸のバッチが良く似合う
学生服の伊達男
夜空に押忍と叫んだら
月もにっこり笑ってた

四、
パープルスカイの旗印
三つの誓いに集い来て
若き情熱かけた友
語り合うのはいつの日か

逍遥歌

 

三浦信也 作詞      作曲   

一、
紫匂う筑紫野に
若き生命の息吹あり
知勇溢れる団結の
道は茨棘の道なれど
熱き血潮の益荒男の
闘魂今やたぎるなり

二、
荒波寄する玄海に
応援団児の声を聞く
慈愛ぞ人の命なれ
誠の愛に生きたなら
我等一たび死なん時
世に憎しみの残るなし

三、
乱雲はるか空澄みて
応援団児は天翔ける
消え入る風情の世にありて
古き教えを愛さんと
鼓動妙なる旋律の
谺す我らの押忍を聞け(押忍三回)

四、
眠れる如き野の果てに
応援男児は萌え出ずる
朔風吹きて月寒く
斑鳩なげき歌うとも
君が褥の裾の端に
覇者の姿を夢に見ん

五、
巷に雨の降る如く
応援団児に涙降る
このわびしさは何やらん
故なき故の侘しさか
栄光の舞は舞わずとも
聳ゆる心の金字塔
聳ゆる心の金字塔